スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

二刀流を語るよ

捕手のことを語ったのでついでに今シーズン捕手での出番もあるかもしれない
中東 直己選手を取り上げてみます。

中東さんといえば1㍍71㌢とその愛くるしい雰囲気で早くも全世界のマダム達を萌えさせ
マーティー直々に「ノミ」っていうシュールすぎるあだ名を貰い
注目度はうなぎ上りであります。


カープ選手のあだ名と言えば
定着したのは 赤ゴジラ嶋ぐらいで

赤アニキ・新井 コング・栗原 赤・魔人森 ホイ・井生etc...

「赤」をつければなんとかなる的考えとかで
微妙に定着しないあだ名が多いので
ノミぺろ~ん青木同様期待感MAXです。

そんな中東さんを語るよ



中東選手は50メートル走5秒8遠投110メートルの俊足強肩で
さらに外野・捕手を兼任できるというチームに重宝されそうな選手です。
この二刀流については人によって色々な意見があると思います。

「プロの捕手はそんなに簡単では無い」「急造捕手では無理」

という反対派や

「.280打てれば守備面は気にならない」「打てて走れる捕手がいると強い」

という賛成派の意見があります。

僕個人としての意見は
「二刀流には賛成」です。
今のカープの捕手陣は打撃力が圧倒的に弱く
チャンスを捕手で潰して負けるというシーンを何回見たことか。
その分を守備でカバーしてくれればいいのですが
逆に打撃の不調が守備にも影響して明らかに悪循環になっています。
もちろんこれはあくまでも昨年までの話であり
今年石原や倉の打撃が覚醒する可能性が無いとはいえません。
しかし元の打撃力を考えても
石原か倉がいきなり3割打つというのは正直求めすぎな気がします。
そこで、中東選手が捕手として出場をすると、その打撃力不足が多少改善され
捕手陣の危機感も増し、いい影響が出る気がします。
昨シーズン井生が少し捕手をやりましたが初心者の彼がやるのと
経験者の中東がやるのでは全然危機感が違うはずです。


ただ正直僕は中東が外野でも捕手でも
レギュラーを取れるとは思っていません

(あくまでも個人的な意見です)
二刀流はあくまでも彼が出場機会を増やす為の手段であり
1年間レギュラーを守りきる、というのは厳しいと思います。

簡単な例を出すと

①俊足が売り・外野しか守れない
②俊足が売り・外野兼捕手を守れる


の二選手がいるとします。
チームとしてどちらが必要かと言われると、
①の選手の実力がずば抜けていない限り
明らかに②の選手の方でしょう。



という事でもちろんバッティングでアピールをする事が前提ですが
中東選手には1軍定着の可能性はかなりあります。
ただ一つ気になるのは

「捕手をやると足が遅くなる」
という去年達っちゃんが言ってた格言です。

「捕手の構えをずっとしていると足が確実に遅くなってしまう。
自分も倉も元は俊足だったのにずっと捕手をやっていて遅くなってしまった。」

と達っちゃんは言っています。

もしそれが本当だとしたら俊足が売りの中東が足が遅くなってしまっては無意味です。
もちろんそれは捕手をフルにしていたらということだと思いますが
「あまり捕手として多様をしすぎると危険」
という事も覚えておいた方がいいかもしれません。



【BOYJOYの妄想】
開幕1軍は逃すもののけが人が出た際に1軍昇格
代走・外野守備固め・捕手守備固めで首脳陣の信頼を得て
後半戦は緒方もしくは捕手に代わってのスタメン出場も増える。
内野安打やバントヒットなど、小技で相手を惑わす。

【究極の妄想の成績】
92試合 .293 1本塁打 12打点 25盗塁

成績のイメージとしては2002年の高木浩です
外野での出場50 捕手での出場40って所ですかね。
こんなに打てるか??って思うかも知れませんが
妄想ですから(*´ω`*)




中東出の1・2番見てぇ~って思った人はポチ↓


スポンサーサイト

2007年01月20日 カープ トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。