スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ぽっちゃりナックラーを語るよ

遅いですが

キャンプインいぇーい(何)
本当に例年になくオフが早かったー
ブログをはじめたからですかね。

今年の新戦力での注目といえば即戦力ルーキートリオもそうですが、

やっぱり1番は
日本球界初?のナックルボーラー
フェルナンデス投手でしょう。

ぽっちゃりで可愛くて真面目な萌え要素たっぷり新外国人投手について語るよ


フェルナンデスさんは
「投球の95%がナックル」という日本では異例のナックルボーラーなわけですけど、
僕が予想の起用法は
先発で二桁というよりも谷間や中継ぎを埋める投手
という感じです。

ナックルボールというのは、本人も言っているとおり
肩への負担が少なく「長いイニング」「連投」が効く非常に便利な球です。
そしてレッドソックスのウェークフィールド選手を見てもらえばわかるように
先発としてのすばらしい成功例もあります。
日本人選手との対戦も、松井秀樹がウェークフィールドにてこずったように
技術やミート能力が高い選手でも攻略は難しいでしょう。


ただし、それはフェルナンデスがウェークフィールド程の
投手だった場合の話で、実際実力は未知数です。
僕が気になるのは

・ ナックルを低めに集めるコントロールがあるのか
・ 走者を出したときの投球
・ 捕手との相性

等など、欠点はかなり多いです。
まず、ナックルは高めに浮けばただの棒球です
2004年のヤンキースVSレッドソックス
プレーオフを見た人はよくわかると思いますが(マニアック杉ww
高めのナックル、しかも疲れがでた時の投球は絶好球です。
活躍の為には低目へのコントロールが最低条件でしょう。

そして中継ぎと言っても、接戦の場面での登板は難しいでしょう。
上にも少し書きましたが
ランナーが1人出ると得点圏という状況だったら
1点や2点を争う場面ではあまり投げれないのでは、と思います。
その為必然的に先発の谷間大量得点差の場面、そしてロングリリーフ

ネガティブな事を言っているようですが、もちろん
先発→中継ぎ→中継ぎ→先発
なんて神がかり的な事をやってくれれば超貴重な戦力です
性格も非常に良い様なので嫌がらずに
積極的に働いてくれるんじゃないですかね。

去年のブルペンデーならぬフェルナンデスデー的なものを
つくっても面白いのではないでしょうか。
もちろんその時のサードは山崎でww

彼のような純粋なナックルボーラーは本当に異例なので
成績を残せばかなり注目もされ人気も出ると思います。
そんな期待をこめての妄想!!!

【BOYJOYの妄想!!】
開幕3連戦での阪神戦に初登板し
ナックルで阪神打線を切りきり舞に!!
出だしをくじき、チームの阪神に対するトラウマを完全排除。
その後は先発、中継ぎにフル回転
ちなみに1シーズン最多暴投にあと一歩の25暴投www
訂正:20暴投が最多でした!!すいません(;・ω・)


【究極の妄想の成績】
54試合9勝2敗1S 2.14 98回



うわぁつぇぇぇ(*´ω`*)
えぇ完全にウェークフィールドの1年目の成績をパクリましたよw
まだバッターがなれない前半戦は活躍できるでしょうが
問題は研究され始める後半戦ですね。

球界に新しい風、来るんじゃないですか??

まず痩せろよとか突っ込んだ人はポチ↓


スポンサーサイト

2007年02月02日 カープ トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。